『LOOSER~失い続けてしまうアルバム~』公式サイト

  • 原作・脚本:森崎博之(TEAM NACS)
  • 演出・脚色:福島三郎

2004年、TEAM NACS初の歴史ものにして、初の東京進出作品。
札幌・東京全21公演で、計15,000人を動員。

幕末の新選組と長州藩との確執をテーマに、
歴史に残らなかった者たちの大義を綴ったストーリー。

たった5人で演じ分けられる、チョンマゲも本格的なチャンバラもない表現で、
歴史の偉人を現代に生きる若者の姿に重ねた演出により、
多くのファンの心を打った作品です。

東京公演

  • 品川プリンスホテル ステラボール
  • 6月6日(木) ~ 9日(日)
6/6 6/7 6/8 6/9
12:30 ●
13:00 ●
14:00 ● 追加公演
17:00 ●
18:00 ●
19:00 ● ●

大阪公演

  • 森ノ宮ピロティホール
  • 6月15日(土)・16日(日)
6/15 6/16
12:30 ●
15:30 ● 追加公演
17:00 ●

先行販売が大好評につき、急遽追加公演が決定!多くの皆様からの熱い声援に応え、東京・大阪で追加公演決定!!
<東京追加> 6/7(金) 14:00~ /
<大阪追加> 6/15(土) 15:30~

主な登場人物

シゲ/他 役:崎山つばさ

現代に生きる若者。平凡な毎日にあがきながらも、自分にできることを探し続け、その中で見つけた自分の大儀を貫く為にある決意をする。

土方歳三/他 役:鈴木裕樹

新選組副長。鬼の副長と呼ばれ、隊士たちに恐れられている。常に冷静沈着であり、近藤局長の補佐役として新選組の将来を常に考えている。

近藤勇/他 役:磯貝龍乎

新選組局長。真面目を絵に描いたような性格。その真面目さ故に、己の誠を貫く事の意味を誰よりも考え、迷いながらも新選組を指揮している。

沖田総司/他 役:木ノ本嶺浩

新選組副長助勤にして新選組最強の男。長州浪士に最も恐れられ、時には自分の欲求の為に回りが見えなくなってしまう事がある。持病を持つが故に、常に生き急いでいる。

芹沢鴨/他 役:株元英彰

新選組筆頭局長。粗野で豪快な性格ゆえに様々な問題を引き起こすが、国の将来を想う心は誰よりも強く、その行動の裏には大いなる優しさが隠されている。

あらすじ

平凡な日々を憂いながら毎日を送るごく普通の30男、シゲ(崎山つばさ)。
彼はある日怪しげな男から、
タイムトリップできるという薬を手に入れる。
「白き薬は10のときを遡り、黒き薬は10のときを超える…」
15砲の白き薬をほおばった彼がたどり着いたのは、
動乱の幕末「新選組」の時代だった…。

彼の目の前には、新選組の筆頭局長である芹沢鴨(株元英彰)をはじめ、
近藤勇(磯貝龍乎)、土方歳三(鈴木裕樹)、沖田総司(木ノ本嶺浩)といった
歴史上の英雄たちが、士道不覚悟という言葉の下で、常に己の誠を磨いていた。

そして彼は、いつの間にか長州藩との争いに、その身を翻弄される事に…

あの時代、一体何が正義で何が悪だったのか?
そして、真の英雄とは一体何だったのか?

…これは、誰もが知る歴史の一片であり、誰もが知ることのない、己の誠の物語…

チケット情報

7,800円(税込・全席指定)

チケット発売日
公式HP先行(抽選販売)
4月14日(日) 12:00 〜 21(日) 23:59
受付URL:https://eplus.jp/looser-hp/